ベルタ葉酸サプリを男性が飲まない方が良い理由とは?

ベルタ葉酸サプリ、妊娠中の妊婦さんなら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。妊娠中は、色々なことが気になりますよね。自分の体のこともですが、お腹にいる赤ちゃんのことは、やっぱり一番気になると思います。ベルタ葉酸サプリには副作用はなのでしょうか?
MENU

ベルタ葉酸サプリを男性が飲まない方が良い理由とは?

葉酸の摂取は妊活をする際には男性にとっても女性にとっても欠かせないものであり、夫婦で妊活をしていこうというときには男性の摂取も望まれます。

 

しかし、そのときには商品選びが大切であり、葉酸サプリの中でも人気の高いベルタ葉酸サプリは飲まない方が良い場合もあることには留意しましょう。

 

葉酸が必要だとはいっても女性とは状況が異なることを理解して男性なりの妊活を行っていくことが重要になると理解しておくことが大切です。

 

ベルタ葉酸サプリは女性向け?

妊活には男性の協力は欠かせないものであり、葉酸サプリを夫婦で摂取することによって妊娠に成功する人もいます。しかし、その際の慎重にならなければなりません。ほとんどの葉酸サプリについては女性向けに考えられて開発されてきているため、男性の妊活に適しているとは限らないからです。葉酸サプリとして人気の高いベルタ葉酸サプリであってもそういった状況があります。

 

男性にとって必要となる葉酸の量は一日あたりで240μgであり、女性が妊娠時に必要とする480μgと比較するとかなり少ないのです。一日量で400μgが摂取できるベルタ葉酸サプリは妊娠中の女性には適していますが、男性の場合には上限量とされる1mgに到達してしまうリスクも持っているのが事実であり、使用するなら半量にすることが欠かせません。

 

男性が飲まないほうが良い理由はその成分にあった

葉酸の摂取量についての問題であればほとんどの葉酸サプリについて該当することです。しかし、男性にとってベルタ葉酸サプリがあまり適していないのには配合成分の影響もあります。

 

女性が妊娠時に不足しやすい栄養素が豊富に摂取できるようにデザインされているのがベルタ葉酸サプリの特徴であり、ミネラルとして鉄とカルシウムが豊富になっているのです。
鉄もカルシウムも過剰摂取によるリスクが知られているため、男性がベルタ葉酸サプリを摂取してしまうと過剰摂取になる可能性があります。特に女性のことを考えて鉄やカルシウムが豊富な食事をしているときには危険性が高いと留意しておきましょう。

 

 

ベルタ葉酸サプリの特徴はどんな感じ?

妊娠中に摂取が推奨される栄養素として一番に挙げられるのは、「葉酸」です。食事からも摂取できますが、つわりや胸やけなど妊娠中はさまざま体のトラブルが起こるため、バランスの良い食事を取るのは難しく、厚生労働省の推奨値をクリアできない人も多いかと思います。そんな方におすすめするのがベルタ葉酸サプリです。葉酸サプリは数々のメーカーから発売されていますが、ベルタの葉酸サプリをお勧めする理由をその7つの特徴と共に紹介していきたいと思います。

 

4つのおすすめポイントを紹介します

ベルタ葉酸サプリは7つの特徴があります。それを大きく4つのポイントに絞って紹介していきます。一つ目は厚生労働省が推奨している一日の摂取量400μgを配合している点です。過剰な摂取はリスクもあるため、適切な量が配合されている点は必須のポイントにもなります。

 

そして二つ目はビタミンやミネラルをはじめ、妊娠期に不足しがちな鉄分や、女性にうれしい美容成分も配合している点です。複数の効果が一つのサプリに含まれていることは、お財布にもやさしく、妊娠期に必要な栄養を一括で摂取できることは大きなメリットです。

 

三つ目は香料、着色料などを使用しない無添加素材である点です。妊娠期は口にしたものが、胎児に影響を及ぼす可能性があるため、無添加素材であることはうれしいポイントです。最後に出産経験スタッフによるサポートです。

 

サポートもしっかりしているベルタ葉酸サプリ

この出産経験スタッフによるサポートは、他のサプリメント提供会社との大きな差別化のポイントにもなります。特に妊娠初期は産婦人科での定期健診も月に一度と少なく、なかなか相談する場所がありません。自治体での母親教室も妊娠後期から行われるものがほとんどです。

 

よって葉酸の摂取が好ましいとされる妊活中や、つわりがひどい妊娠初期から相談できる窓口は珍しく、非常に心強い味方にもなります。

 

またベルタ葉酸サプリのお客様サポートは、葉酸に関する質問はもちろん、妊娠から出産までの様々な悩みや疑問に答えてくれます。

 

このような妊活中のサプリメントの販売から、妊娠後期の精神面でのケアまでワンストップでサービスを提供してくれる魅力的な会社なのです。

 

ベルタ葉酸サプリの特色として、ただサプリメントを提供するだけでなく、顧客に対する電話サポートを実施しているという点があります。商品に対する問い合わせに応えるのはどの企業でも行っていることですが、そのサポートの行われ方は幅広く、まさに最強を言わざるを得ません。妊活を考えている人も、妊娠中の女性も、出産を終えた夫婦も頼りにすることができるのがベルタ葉酸サプリのサポートサービスであり、うまく活用していくことが大切です。

 

あらゆるサポートを受けることができる画期的サプリ

サプリメント市場ではその使い方や効果などについてオペレーターが対応するサポートサービスが充実していることがよくあります。葉酸サプリメントにおいても同様の状況がありますが、その中でも最強を冠することができるサービスを実施しているのがベルタ葉酸サプリです。ベルタ葉酸サプリを購入することによってお客様サポートチームからのサポートを受けられるようになりますが、そのサービス内容が幅広く、妊活から子育てに至るまであらゆるサポートを受けることができるのが特徴です。
ベルタ葉酸サプリそのものに関わるかどうかも関係なく質問に応えてもらうことができます。妊活中や妊娠中は特に初めてのときには不安を持ちがちですが、そのときにすぐに相談することができる窓口を提供してもらえるのがベルタ葉酸サプリなのです。

 

ベルタ葉酸サプリは副作用の心配ないの?

ベルタ葉酸サプリ、妊娠中の妊婦さんなら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。妊娠中は、色々なことが気になりますよね。自分の体のこともですが、お腹にいる赤ちゃんのことは、やっぱり一番気になると思います。そこで、役に立つのがベルタ葉酸サプリ。飲むだけで妊娠中に必要な栄養素が摂れる!とネットでも話題になっています。ただ、ここで気になるのがその副作用…本当に妊娠中のデリケートな体に害はないのでしょうか。

 

安全性が公的に保証されている栄養機能食品です

ベルタ葉酸サプリは、栄養機能食品です。栄養機能食品とは、国が定めた規格基準をきちんと満たしている食品のことを指します。何の表示もされていないサプリよりは、安全性が公的に保証されているということです。
またベルタ葉酸サプリは、原材料の安全性にこだわりをもって作られています。天然型酵母葉酸の使用や、添加物無添加、生産国を日本にするなどをうたっています。また放射濃度検査、残留農薬試験の実施もアピールしており、その安全性へのこだわりは大きいです。
葉酸は、ビタミンB群に属する水溶性のビタミンです。体内に蓄えることが難しいので、毎日摂取する必要がある栄養素です。緑黄色野菜や果物などにも含まれますが、手軽に効率良く摂るにはサプリの使用が有効で、厚生労働省も推奨しています。

 

副作用のリスク…。ベルタ葉酸サプリなら心配いらない!?

では、肝心の葉酸の副作用についてはどうでしょうか。葉酸は水溶性ビタミンなので、たとえ摂り過ぎたとしても尿として体外に排出されます。そのため、過剰摂取により体に悪影響を及ぼすことは考えにくいです。特に、ベルタ葉酸サプリは100パーセント天然型酵母葉酸を使用しているので、より安全性が高いと言えるでしょう。
サプリの箱に書いてある使用量を守って服用すれば、まず副作用は問題ないです。それよりも、葉酸が不足することにより起こるリスクを危険視すべきです。葉酸が不足すると、妊婦さんは貧血を起こしやすくなります。また葉酸の不足は、胎児の正常な成長を妨げ、障害を発症させるリスクを高めてしまうという報告もあるくらいです。ベルタ葉酸サプリを飲んで、健康で安心な体を手に入れましょう。

男性の妊活の重要性って?

不妊の原因の50%は男性にあるということが明らかとなりました。
その為、現在、妊活は、夫婦が協力し合いながら行っていく事が重要となっています。
しかし、赤ちゃんが出来ないのは女性の責任であると考える男性も未だに多くいますので、妊活を意識する男性はまだまだ少ないというのが現状です。
そこで今回は、男性が妊活する重要性についてご紹介したいと思います。

 

男性の妊活の重要性とは?

 

芸能人や政治家などの影響力のある男性が妊活をすると公表すると一般的な社会に生きる一般の男性にも妊活ブームが起きそうですが現在、一般的な会社では、男性の育児休業さえ認めていないところが数多くあります。
対して、ヨーロッパでは育児休暇制度が充実しています。
特にアイスランドは、男性の育児休暇制度が豊富で、120日取得出来ます。
またスウェーデンでは、男性・女性合わせて、およそ16ヶ月もの育児休暇を取得することが出来ます。

 

このように男性でも育児休暇は取ることは何の問題もないのですが日本では、仕事が忙しく、育児休暇を取りたくても取れないという男性は多くいます。また男性は外で働き、女性は家庭を守るという考えを持つ男性もまだ多くいますので、日本の育児休暇制度はヨーロッパと比べると大変、遅れているのが現状です。

 

しかし、育児休暇を取れない男性だからこそ、女性と一緒に妊活に励んでいく事が大切です。育児は一人で行えることは出来ますが赤ちゃんは女性一人だけで授かる事は出来ません。元気で健康な赤ちゃんを迎え入れたいと考えているなら尚更、男性もしっかりと妊活に励む事が重要です。

 

妊活中の女性は、イライラしたり、妊娠・出産の不安を抱えがちになりますので、どうしてもストレスが溜まってしまいます。そんな日に横で旦那さんがタバコを吸っていたりすれば、ストレスは更に募ります。
タバコのニコチンは、精子の数を減らしたり、運動率を低下させてしまいますので、妊娠しにくくなることで、妊活中の女性のストレスは益々、大きくなってしまうことになります。
タバコは健康をも害しますので、タバコを吸う男性は、是非、この機会にタバコを止めてみましょう。
また過度な飲酒も精子を生成しにくくします。お酒が好きな女性も多いですが妊活中や妊娠中に旦那さんが美味しそうにお酒を飲んでいたら奥さんのストレスはまた溜まってしまいますので、妊活中は、旦那さんもお酒を控えましょう。

 

そして、妊活中は、男性も葉酸を摂取して、質の良い精子を生成し、受精卵の着床率を上げて、妊娠力アップに協力しましょう。妊活中にしっかりと夫婦で葉酸を摂取していけば胎児の奇形や流産のリスクを大幅に低減させることも可能となりますよ。

 

妊活に励んでもなかなか赤ちゃんが授からない場合、男性の不妊治療に特化した医療機関に相談してみましょう。

 

男性がきちんと妊活を行う事で、女性の負担は軽くなります。
そして何より早い段階で可愛い赤ちゃんを授かる事が出来るでしょう。

 

妊娠中の女性は、つわりで体調が悪くなることが多くなりますので家事が思うように出来なくなる事があります。
また出産後の女性は、育児に負われて、睡眠時間が削られる事で、心身疲れ果てる事が多くなります。
ですので、家事が出来ないことや自分の相手をしてくれないなどと奥さんを責めてはいけません。特に妊娠中は、お腹の赤ちゃんにも悪い影響が出る恐れがありますので、注意しましょう。逆に掃除をする、料理をするなど自ら家事を積極的にサポートして労わってあげることが大切です。

 

このように奥さんに寄り添いながら妊活することで、夫婦の絆は結婚前より深まっていくでしょう。育児休暇が取りにくい男性であれば、尚更、妊活中、妊娠中、出産後しばらくは、男性は、頑張って、奥さんをサポートしてあげましょう。

 

更新履歴
このページの先頭へ